利息制限法とは 過払い請求 |過払い請求相談所[大阪/京都/兵庫]

利息制限法とは

利息制限法とは

「利息制限法」は、貸金の利息について貸付金額毎に

1. 10万円未満 → 年20%
2. 10万円以上100万円未満 → 年18%
3. 100万円以上 → 年15%

という上限を定めており、この上限を超える利息の契約は、超えた部分については、無効となります。

 

<<過払い請求関連用語集へ戻る

このページの先頭へ