過払い請求 グレーゾーン金利とは|過払い請求相談所[大阪/京都/兵庫]

グレーゾーン金利とは

グレーゾーン金利とは 

グレーゾーン金利とは、「利息制限法」と「出資法」の2つ間の利息のことを言います。
グレーゾーン金利がある為、利息を払いすぎることがあります。
現在、貸金の利息を制限している法律には、「利息制限法」と「出資法」の2つがあります。「利息制限法」は、貸金の利息について貸付金額毎に

1. 10万円未満 → 年20%
2. 10万円以上100万円未満 → 年18%
3. 100万円以上 → 年15%

という上限を定めており、この上限を超える利息の契約は、超えた部分については、無効となります。
しかし、現在の消費者金融やクレジット会社は一般的に年25%前後の利息でお金を貸し、借りた人もこれを約束どおり返済しているのが通常です。では、業者がなぜそのような利息の契約で公然とお金を貸しているのかと言うと、利息制限法には罰則がないからです。もうひとつの法律である「出資法」には罰則がありますが、年間で29.2%以下の利息の取得であれば処罰されない為、業者は利息制限法を超える利息の契約でお金を貸しているのです。
このように利息制限法の金利を超え、出資法で定められている金利以下の金利をグレーゾーン金利と呼びます。

利息制限法では、上限を超える部分の利息は無効。
しかし、出資法に違反した場合の罰則規定はあるが、利息制限法に違反した場合の罰則規定はない。
出資法の制限利息内(年29.2%)であれば処罰されないし儲かるから、利息制限法の上限を超えた利息でお金を貸す。

しかし、出資法は業者が利息制限法を超える利息を取得してもいいと定めているわけではありません。
すでに払っている高い利息で、本当は業者が取得することができなかった部分について、裁判所は、「元金部分に充当されるべき」だと言っています。つまり、払いすぎた利息は利息ではなく元本を支払ったことになるのです。

そのため、グレーゾーンの金利で貸金業者と契約している場合は、司法書士などの専門家に任意整理を依頼すると、返済する元本そのものを減額してもらうことができます。
さらに、元本部分に充当され、全額返済が完了した後も返済をしていたような場合は、払い過ぎたお金が発生することになります。これが過払金です。

 

 

<<過払い請求関連用語集へ戻る

このページの先頭へ